【三浦】オーストラリアのパイロンベイをイメージ!スローな時間を満喫できる「ビーチエンド カフェ (Beachend café)」

グルメ




本日紹介するお店は、築40年の空き家をオーストラリア最東端にあるバイロンベイをイメージして作られた「ビーチエンド カフェ (Beachend café)」です。
名前の通り三浦海岸の最後にあり、岩沢ポートリーの姫様の卵や溶岩釜パン工房のブロードバウムのパンなど地元の食材を使用した料理が食べられます。
三浦半島の景色や美味しいもを楽しめるお店を紹介していきます。

「ビーチエンド カフェ (Beachend café)」ってどんなお店?

「ビーチエンド カフェ (Beachend café)」は、三浦半島の海と山に囲また景色や豊富な食材の魅力に惹かれたオーナーの宮浦氏が、店舗仲間達と一緒にオープンしたお店です。

お店は店名どおり三浦海岸の最後に位置しているので、海水浴をする人はほとんどいないため、静かな海を楽しむことができます。

ちょうど来店したタイミングがお客さんの入れ替わりだったらしく、店内が空いていたのでテイクアウトのつもりがそのままお店でいただくことにしました。

外観

築40年の建物をプロの手を借りながら主に自分達で作り上げたお店です。
お店のDIYの様子などは、ホームページの「NEWS & DIARY」で詳しく書かれていますので、そちらを観ると激しい解体の様子やペンキ塗りなどの作業などを見れて、お店に親近感が湧いてきます。
以前のお店の様子はコチラの記事で書かれています。→https://beachendcafe.com/117/

1階店内

店内は前面に窓があり、海を眺めながら食事を楽しめる作りになっています。この床や壁もご自身達でペンキを塗ったりしたそうなのですごいです。

2階店内

店員さんの許可をいただいて2階も見せてもらいました。2階も窓が多く開放的な作りになっています。また、ソファ席もあるのでお子様連れや長居したい人には最適です。

テラス席

海を正面に見ながら食事ができるカウンター式の席とテーブル席があるテラス席です。
ここは犬もOKなので、犬連れのお客さんも気兼ねなく食事をすることができますよ。次はサニーとミントを連れ来たいと思います。

こちらがカウンター席からの眺めです。海、空、砂浜だけの贅沢な景色です。奥には霞んだ房総半島が見えてます。海水浴客も少なく、さざ波の音だけが聞こえる静かな空間で、スローライフを満喫できる環境です。

暗くなって来るとキャンドルを灯してくました。幻想的な光に、昼間とは違った魅力を感じさせてくれます。

駐車場

駐車場はお店の向かい側にある、細い入り口を登ったところにあります。
混雑時は譲り合いながら出入りするようにしましょう。

駐車場は、20台ぐらい停められる敷地になっています。
広々とした敷地なので、区切りや輪止めがなくても停めやすい駐車場になっています。

「ビーチエンド カフェ (Beachend café)」は犬OK?

サニー
テラス席では僕たちと一緒に食事ができるよ
ミント
目の前にはお散歩にぴったりな小道もあるの

「ビーチエンド カフェ (Beachend café)」のメニュー

メニューは、岩沢ポートリーの姫様のたまごやブロードバウムの溶岩パン、関口牧場の牛乳を使ったドリンクなど、横須賀人にはお馴染みのお店の食材メニューがずらりと並んでいます。
どれも美味しそうな料理ばかりで、迷ってしまいます。

モーニングやランチのメニューもあるので、URLを載せますので参考にしてください。
モーニングはコチラ→https://beachendcafe.com/menu/morning.pdf
ランチはコチラ→https://beachendcafe.com/menu/lunch.pdf

テイクアウトメニュー

ハートランド&関口牧場ダルゴナコーヒー

ファーストドリンクは、ハートランド&関口牧場ダルゴナコーヒーをいただきました。
アイスで有名な関口牧場のミルクを使われているということでオーダー。コクのある濃厚なミルクと香ばしいコーヒーの相性がばっちりです。

姫様のたまご ボルチーニソース

朝市に毎月遊びに行かせてもらっている岩沢ポートリーの姫様のたまごにボルチーニソースがたっぷりとかかったメニュー。
姫様のたまごのきれいなオレンジ色の黄身が目を引きます。黄身の濃厚さに加えてボルチーニソースのいい香りでとっても美味しい。ボルチーニソースは、この後食べた野菜にもつけて2度楽しませてもらいました。
岩沢ポートリーでは毎月第1日曜日に朝市を開催しています。そこでは岩佐ポートリーの卵がお得に買えるだけでなく、地元の様々なお店の食事を楽しむことができます。
※2020年8月現在は、コロナウイルスの影響で開催していません。

【三浦半島朝市】岩沢ポートリーのたまご野(や)の朝市へ行ってきました

2017年8月9日

三浦農園野菜のカニみそバーニャカウダ

先ほどに続き地元食材のメニュー、三浦農園の野菜のバーニャカウダです。夏野菜なので、カラフルで華やかな一皿ですね。
ディップソースは、しっかりとカニみその旨味を感じる味で、野菜がどんどん進みます。

三浦鮮魚のフリットミスト

白味魚、タコ、イカのフリットです。サクサクに揚げられていて、とっても美味しい。
白味魚は旬の魚を使用するのでとっても美味しい。近くにある金田漁港から仕入れいているそうで鮮度も抜群の魚が楽しめます。

三浦漁港からの魚介のボロネーゼ

主食は、ほぐした魚の身が贅沢に使われたボロネーゼです。
パスタにしっかりと絡まったソースはシンプルな味付けだからこそ、白味魚の旨味を感じられるボロネーゼです。

季節フルーツのフレンチトースト

季節のフルーツが盛り沢山のフレンチトースト。
7月上旬ではチェリー、クランベリー、ブルーベリーの3種類のフルーツで彩られています。
フレンチトーストに使われているのは、津久井浜になる溶岩窯でやかれたパンを使用し、しっかりとした食感のフレンチトーストです。
ブロードバウムはパンは勿論、ピザも美味しいので持ち帰りにもオススメです。

姫様のたまごのプリン

姫様のたまごの特徴的なオレンジ色の黄身がはっきわかるので、贅沢に使っているのがわかるプリンです。そして、直径15cm近くはある巨大な大きさにも驚かされました。
しっかりとした食感のプリンで、卵の味を感じる濃厚なプリンです。カラメルのほろ苦さやほのかに甘い生クリームと一緒に食べて様々な味を楽しみながらいただきました。

「ビーチエンド カフェ (Beachend café)」おすすめポイント

・様々な地元食材を活かした料理が食べられる
・オーシャンビューのロケーションで、海を見ながら食事ができる
・三浦海岸の最南端にあるので、静かなビーチでのんびりとした時間を味わえる

お店情報・SNS

店名:ビーチエンド カフェ (Beachend café)
住所:神奈川県三浦市南下町菊名1089-18
営業時間:モーニング 9:00〜(土日祝 8:00〜) /ランチ 11:00〜14:00(l.o.)/ カフェ 11:00〜16:30(l.o.)/ ディナー 16:30〜20:30(l.o.)
定休日: なし(不定休)
Tel:046-854-4484
駐車場:25台
ホームページ:https://beachendcafe.com/
Facebook:@@beachendcafe
Instagram:@miura_beachend_cafe
Twitter:

おまけ

ビーチエンドカフェ のそばには、三浦半島で唯一ペットと泊まれるホテル「カーロ・フォレスタ三浦海岸アレーナ」があります。
食事だけの利用もできるので、ペットと一緒に三浦半島に遊びに来た方にはオススメです。

【ペット同伴OK】三浦海岸アレーナはペットと一緒に食べれる・泊まれる素敵なお店でした

2016年8月28日